一棟マンション物件売却レポート

初めての一棟マンション売却体験記
TOP » 不動産会社から学んだ、一棟マンション売却アレコレ » 買主が決まったら!売買契約と手付金について

買主が決まったら!売買契約と手付金について

Q.手付金はいつもらえるの?また、いくらくらいが妥当なのか?

A.不動産売買の手付金は売買価格の5~10%が一般的で、売買契約と同時に受け取ります。

そもそも手付金とは、売買代金の一部を前払いするものではありません。厳密にいえば、買主が売買代金を支払うまでの間、売主に預けておくお金という意味合いで、代金を支払う際に手付金は返すというのが正しい取引。とはいえ、それはそれで手間なので、「手付金を売買代金の一部に充当する」といった意味合いの文言を売買契約書に記載することで、実質的に代金の一部とするわけです。

不動産売買における手付金の相場は売買代金の5~10%程度とされています。一棟マンションの売却では、みなさんは売主となるわけですが、売却を依頼する不動産会社が5%に満たない手付金を提案した場合、十分な検討が必要です。手付金が少額だと、購入希望者が気軽に契約破棄できるからです。参考までに、売主が不動産会社だと手付金は売買代金の20%以下に決められています。

用語解説:証約手付、解約手付、違約手付の違いとは

手付金には3つの種類があり、それぞれの概要は下記を見てください。

なお、解約手付で注意すべき点は契約に関する「履行の着手」です。売主・買主いずれかが契約に基づく履行に着手していると、手付金だけの範囲では契約解除することができなくなります。売主は登記手続きなどが「履行の着手」とされ、買主は内金や中間金の支払いなどが「履行の着手」とされますが、明確な定義はありません。

\一棟マンション売却体験レポート/
実際に相見積もりを取った結果は…?
リアルな査定額をチェック!!

管理人Profile
管理人持家 野球大好きマン

わずかながらも家賃収入が良いおこづかいになってはいるものの、そろそろ売却を考えないといけない継承物件。先延ばしにはデキないな...